ブラックライトを使用してコンタミネーション・フラックスのチェック

活用事例

コンタミネーション・フラックスのチェック

コンタミネーション・フラックスのチェック

精密機器において、フラックスの残留やコンタミネーション(異物)は接触不良等を引き起こし、機器の信頼性を大きく低下させます。

ブラックライトを照射すると、電子部品・基板のフラックスやコンタミネーション(異物)が発光します。このため、目視で簡単に検出し、除去することができます。


コンタミネーション・フラックスのチェック
戻る(活用事例)