NDTアドヴァンス 工業用ブラックライト特設サイト

運営 株式会社NDTアドヴァンス TEL.048-783-5121 Fax.048-783-5059

ブラックライトを初めて使用される方へ

ブラックライトの種類

ブラックライトには、紫外線を発生する光源の違いにより、いくつかの種類があります。
ここでは、ブラックライトで使用される主な光源にについて、説明します。

水銀ランプ(水銀灯)

水銀ランプ(水銀灯)

ガラス管内の水銀蒸気中の放電による発光を利用したランプです。
放電中の水銀蒸気の圧力が高いものを高圧水銀ランプ、低いものを低圧水銀ランプと呼びます。
高圧水銀ランプは、UV-A領域の紫外線や可視光を発生します。通常、水銀灯とは、高圧水銀ランプを指します。
低圧水銀ランプは、主にUV-B領域の紫外線を多く発生します。殺菌などの分野で使用されています。
通電後、最高強度が得られて安定するまでに、5分以上の時間が必要です。また、ランプや機器を守るために、消灯後に再点灯するまでの時間も開ける必要があります。

メタルハライドランプ(MHL)

メタルハライドランプ(MHL)

高圧水銀ランプと構造は似ていますが、管内に色と効率を改善する為に金属ハロゲン化物を添加しています。
UV-A領域の紫外線や可視光を発生し、省電力で色味の補正された水銀灯として利用されています。
小型のランプ形状の割に、通常の水銀ランプに比べて高強度の紫外線を照射することができます。

マイクロディスチャージランプ(MDL)

マイクロディスチャージランプ(MDL)

自動車のヘッドライトに使われるHIDやキセノンライトとも呼ばれている低圧放電ランプで、水銀ランプに比べて低消費電力で高輝度の発光が特徴です。
比較的小型ですが、ランプの構造上、照射面の照度に一部影の発生する部分が見られることもあります。水銀ランプと違って、通電後比較的早く、最高強度の紫外線を放出することができます。

蛍光灯(FL)

蛍光灯(FL)

家庭や事務所の照明に利用されている蛍光灯は、低圧水銀放電ランプの放電により発生する紫外線のエネルギーを、ガラス管内壁に塗られた蛍光物質が吸収し、目に見える可視光に変換して放出する原理を利用しています。
蛍光灯型紫外線ランプは、比較的短い波長の紫外線を放射するガラス管が無色透明な物や、必要な波長の紫外線を透過するような物質がガラス管に塗られていて、消灯時には黒色に見える物があります。紫外線強度はあまり強くありませんが、比較的広い範囲に紫外線を照射することができます。

LED(発光ダイオード)

LED(発光ダイオード)

発生する光の波長幅が狭くて放射効率が高く、低発熱・小型・軽量で瞬時にON/OFFが可能な為、機器設計の自由度も高くとれます。水銀などの有害物質が含まれていないので、安全で環境にも優しい光源です。
他の水銀ランプ等に比べると、消費電力が少なく(約1/50)、寿命が長い(約1/5のコスト)という特徴があります。
ブラックライトの光源として、近年急速に普及しています。

戻る(初めて使用される方へ)